大丸松坂屋 通販


大丸松坂屋のおせち

大丸松坂屋の縁(えにし)おせち 和風 三段 4人用

%e5%a4%a7%e4%b8%b8%e6%9d%be%e5%9d%82%e5%b1%8b%e3%81%8a%e3%81%9b%e3%81%a1

生誕300周年を迎え、首都圏を中心に一大ブームを巻き起こし、社会現象ともなった伊藤若冲。現代人の心を捉えてやまない奇想の画家・若冲は、1716年に京都にて生を受けました。その翌1717年、同じく京都に創業したのが大丸です。
300年を経て今も親しまれる若冲と大丸松坂屋の“縁”を見つめた記念おせちを作りました。

大丸・松坂屋特別企画 和風 三段 4人用 税込 30,000円 送料無料

%e7%9b%a3%e4%bf%ae

監修
おせち料理研究家 小宮 真由

京都室町生まれ、おせち料理の専門家。2007年より、京都市内の自宅にて料理教室を主宰。2014年に「福千鳥おせち料理研究所」を設立。和食の基本や日本人が季節を愛でる心を大切にしたいと、晴れの食であるおせち料理や節供行事、地方の伝統食に至るまでを本格的に研究するとともに、その普及活動に努めている。

大丸松坂屋のおせち 和・洋・中華風 二段 4人用

%e3%81%8a%e3%81%9b%e3%81%a1%ef%bc%92

ひとつのことを追求していく過程を説いた「守破離」という言葉があります。
今回のおせちづくりでは、日本の伝統的なおせち文化を大事にしつつ、これまで培ってきた知識や経験を活かして、門上流のオリジナリティあるおせちを作ろう と考えました。私は料理人ではありませんが、フードコラムニストとして様々な場所の色々なお店を訪れ、数多くの料理と出会ってきました。その食の記憶をも とにしたアイデアを自由に組み合わせることで、今までにない面白いおせちができたと思います。

大丸・松坂屋特別企画 和・洋・中華風 二段 4人用 税込 28,500円 送料無料

大丸松坂屋のおせち 築地の匠味おせち

%e3%81%8a%e3%81%9b%e3%81%a1%ef%bc%93

一日におよそ1800トンもの水産物が集まる築地市場は、日本の魚文化の発信地。
そんな築地市場を守り、育ててきたのは仲卸で働く人々の鮮度を見極める厳しい選択眼です。
仲卸業者を代表する「山治」を中心に築地市場の名店の人気食材を盛り込んだおせちをつくりました。日本の魚文化を支えてきた、目利きの力を感じてください。

大丸・松坂屋特別企画 和風 二段 4人用 税込 27,000円 送料無料

おせちの豆知識

おせちの起源

おせちとは、中国大陸から伝わった暦上の節目、季節の変わり目などにあたる節日(せちにち、節句)のことを言います。節日には祝事を行い、祝い膳がしつらえられ、このとき作られるめでたい料理が、「御節料理」と呼ばれました。

平安時代になり、宮中では3月3日や5月5日などの五節供は、邪気払いなどの宴の行事になります。「節会」と呼ばれ、神様に祝膳を供えたの が「お節供(おせちく)料理」です。宮中行事だった節供も、江戸時代には庶民に広まるようになります。このころから、全国的におせち料理の風習が定着する ようになったのです。

このように、昔は節句に食べるお供物すべてが「おせち料理」と呼ばれていたわけですが、生活の変化に伴い「節供」は「節句」と表記されるよ うになり、神前へのお供えの習慣もなくなりました。現在では、年の初めのご馳走であるお正月料理だけが「おせち」と呼ばれるようになったのです。

おせち料理とは

おせち料理は、正月に備えて年明けまでに用意されるお祝いの料理を指します。おせち料理はめでたさを重ねるという意味で縁起をかつぎ、重箱に詰めて出され ます。地方や家庭ごとにお重の中身は様々で、現代でも昆布巻、ごまめ、きんとん、煮しめ、数の子、なますなど、縁起が良く日持ちの良い料理を重箱に詰めて 供し、正月の間、家族全員で食します。

おせち料理の豆知識

一の重  「祝い肴(ざかな)」「口取り」

お屠蘇をくみかわす時に祝う肴を盛り合わせます。黒豆、栗きんとん、昆布巻き、伊達巻、田作り(ごまめ)、かまぼこ、など

二の重  「酢の物」「焼き物」

酢の物を盛るのが正式な詰め方です。なます、酢だこ、数の子、酢れんこん、なると巻き、ぶり・鮭の焼き物、たたきごぼう(酢ごぼう)などを盛ります。 現在は、おせちのなかでもごちそうとされる焼きものも盛るように。

三の重  「煮物」

おせち料理は、季節の野菜の煮しめがその始まりと言われています。三の重には、筑前煮、野菜の煮しめなど季節のおいしい野菜をふんだんに使った煮物を盛ります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加